激安!アナルファック&イラマチオ専門店 電マ惑星イラマチーオ ノドの奥までチ○ポを突っ込め

五反田店

イラマチーオ 五反田店 03-5791-3078 営業時間:10:00~翌5:00 18:00~自宅・ホテルへデリバリー致します

ダイアリー

三上 友梨佳のダイアリー一覧

三上 友梨佳Dカップ|T158|B85|W55|H84

年齢23歳

興味あるプレイローションを使ってのプレイです♪

おすすめポイント白い肌です♪

好きなプレイフェラチオと言葉責めです♪

  • 6/23 12:52

    出勤のお知らせ♪

    お久しぶりです、ゆりかです。
    大分お休みが続いていましたが、久しぶりに出勤します!

    6月28日12時〜
    (あまり遅くまではいません。)

    6月はこの日のみ出勤します。
    あまり出勤できなくてすみません(>_<)

    よかったら会いに来てください♪

  • 5/10 21:17

    お久しぶりです!

    ゆりかです。
    日記の更新が大分ご無沙汰になってしまいました。
    そして、4月後半あたりから姿を消していた私です…(._.)

    実は、4月後半にグアム旅行に3日間行ったのですが…その後からお腹の風邪をひき、更に扁桃腺を痛めて、ゴールデンウィークは寝込んでいました…(;_;)

    というわけで、ずっとお休みしてました。
    妄想のネタが尽きたわけではありません。
    体調が戻って来たので、またちょっとずつ出勤できたら…と思っています( ˘ω˘ )

    出勤日数が少ないかもしれませんが、タイミングが合う日があったら是非会いに来てくださいませ♪

    久しぶりの写真はお風呂で。
    今更ながら、チャームポイントはくびれからのおしりと曲線でございます( ˘ω˘ )愛でてくださいませ。

  • 4/13 12:14

    帰り道の出来事①

    とある男性は、仕事を終えて自宅へ向かっていた。
    時刻は22時、あたりはすっかり暗くなっていた。
    「今日こそは早く帰るつもりだったのに、何だかんだで残業だったな…。」
    彼は大企業に勤めている、会社員である。

    彼はとても丁寧に仕事をするので、上司からは評価されているが、それが気に入らない先輩は彼に毎日大量に仕事を押し付けていたのであった。
    彼は気は強い方ではないため、それを拒否できず、そのせいで毎日残業をしていた。
    本来ならもっと早く切り上げて、遊びに行きたい!と思っていてもなかなか難しく、ここ最近は仕事場と家を往復しているだけだった。

    「何かいい事ないかな…。」
    と路地を曲がると、「あの…。」と後ろから女の子の声がした。
    声がする方を向くと、女の子が立っていた。
    その女の子は笑顔で突如とんでもない事を口にした。
    「あの、あなたのおちX X Xしゃぶらせてくれませんか?」
    「は⁈」
    (何を言ってるんだこの子は…!)
    男性はその言葉に困惑した。
    女の子はふふふ…と悪戯っぽく笑いながら、スカートの前部分の裾を握り、ゆっくりめくりあげた。
    暗くてはっきりは見えないが、フリルのついた可愛らしい下着が見える…しかしパンツの面積が狭い。
    (お、お◯んこ見えそう…)

    「あの、えっと…」
    視線を外そうと思うほど、凝視してしまっていた。
    更には日頃我慢ばかりしているムスコが、むくむく起き出してしまった。
    その変化を見て女の子は嬉しそうな顔をした。
    「これ、舐めたいな♡」
    彼女の手が、ズボンの上からムスコを優しく撫でた。


    今までとはちょっと違う感じのお話を書いてみました!
    今日はここまで。
    次回に続きます(*´ω`*)

    来週の予定はもう少しお待ちください…。
    本日もよろしくお願いします♪

  • 4/7 13:09

    こんなの…はじめて♡

    初、海老反りをしました。
    縄をキツく縛られると、息が浅くなりますが海老反りだと更に息が浅くなる…。
    身体が軋むようでした。
    そんな中、おちんちんを咥えて一生懸命ご奉仕していました。

    解放された時に、一気に空気が入り込んでくる感覚は何ともいえません…( ˘ω˘ )ふぅ

    やっぱり縄にはセーラー服!だと思う友梨佳ですが、みなさんはどうでしょうか?


    来週の予定です。
    10日12時〜
    11日15時〜
    12日16時〜
    13日12時〜

    です。
    よろしくお願いします( *´﹀`* )

  • 3/31 12:06

    声の音量にはご注意を!

    最近、家の周りで猫ちゃんが「ふにゃー!ふにゃー!にゃぁあー!」と鳴いているのをよく耳にするので、こんなお話を作ってみました。


    とあるところに、娘がおりました。
    その娘は人間でありながら、何故かおしりから尻尾が生えている子でした。
    そして、「にゃん」とか「にゃあ」と言うことがあるようでした。
    その娘はとあるご主人様に飼われています。


    春になり、あたたかくなってくると何だか発情してしまうようで、尻尾を振っては「かまってかまって」とご主人様に擦り寄ります。
    そのため、ご主人様は日中は「我慢」夜は「ご褒美」の時間を作りました。

    夜になると、ご主人様はベッドの中で日中焦らしに焦らして我慢の限界なその子を激しくパンパンするのですが…。
    ズプズプ…
    「にゃぁ、きもちいぃにゃ♡」
    パンパンパンパン
    「にゃあぁ、ごしゅじんさま、らめにゃぁあああ♡♡」
    困った事に、その子はとても喘ぎ声が大きいのでした。

    それに触発されて、上の階からも物音が…ということがよくあるとかないとか。


    来週の出勤予定です。
    2日12時〜
    3日15時〜
    4日12時〜
    です( *´﹀`* )
    お待ちしています♪